~オタクっていいですね~

映画、アニメ、海外ドラマなどエンタメにかかることを紹介&考察しています。

パイレーツオブカリビアン 最後の海賊から気になる点をチェックしてみた!


f:id:akemiyo:20170421110724j:image

話題のシリーズ最新作「パイレーツオブカリビアン 最後の海賊」の最新予告編が解禁となり今回は前作のキャラクター、ウィル・ターナーや、エリザベス・スワンの登場などもあり今までのシリーズの集大成ともとれる映画であるともとれる映像の数々でした。

今回はその中で個人的に気になったところについてまとめてみました。

 

前作のオマージュシーン

 

 予告編にて登場するシーンの数々には前作のオマージュシーンと呼べるものがたくさんあります。

いくつか気がついた点をあげていきます。

 

幽霊船の船長サラザール


f:id:akemiyo:20170421111355j:image

今作の悪役として登場するハビエル・バルデム演じるキャプテン・サラザールは海の死神として恐れられる元スペイン海軍の船長ですが、このクリーチャーと化した船長と言えばシリーズ2作目「デッドマンズチェスト」と3作目「ワールドエンド」にて登場した幽霊海賊船フライングダッチマンの船長デイビィ・ジョーンズを彷彿とさせます。

ただし、前作登場のデイビィ・ジョーンズは海の女神との大失恋の果てに恐るべき怪物に姿を変えられてしまいますが、今作のキャプテン・サラザールはかつて若きジャック・スパロウに嵌められた末に命を落とし何らかの方法で怪物へと姿を変えているようですので、ジャック・スパロウにとっての脅威レベルは今作のほうが高いと言えるでしょう。

 

牢屋にて対面するジャックとヘンリー

 

ジャックはまたもやイギリス海軍に捕らえられている様子。

第一作でもヘンリー父親であるウィル・ターナーがさらわれたエリザベスを追う手がかりを求めて牢屋に入っていたジャック・スパロウと対面しています。

今作ではヘンリーは死神サラザールとの何らかの取引のためにジャック・スパロウを連れてくるよう言われています。これは彼の父、ウィルが10年に1度しか陸に上がることができない状態になっていることと関係があるのではないかと思われます。

 

ボトルに入れられたブラックパール号

今作でもジャック・スパロウブラックパール号を失ってしまっているようです。

前作「生命の泉」での悪役、黒ひげの呪いによってボトルシップになってしまいましたがこれは前作のラストにて黒ひげから取り返していたはずです。ただ、今回の予告編では再びボトルシップに戻ってしまっているようです。いったい誰に船を奪われてしまったのでしょうか?

 

 

作品について気になるところ

 

ポセイドンの槍とは

 

ギリシャ神話に登場する海の神、ポセイドンが持つとされる三ツ又の槍のことをさします。ポセイドンの槍は水を操る能力を持っており嵐や洪水、津波などの海を荒らす強い力を持つとされているのです。

今作のポセイドンの槍はどのような姿をしているのかはまだ、わかりませんがキャプテン・サラザールを倒すカギとなるようですので強大な力を持っていることは間違いないでしょう。

 

サメ映画としても期待できる!?

 前作のデイビィ・ジョーンズの使役していた怪物、クラーケンのオマージュともとれる怪物が本作にも登場するようです。

おそらくキャプテン・サラザールの解き放つ怪物として半分骨となったサメたちが登場します。


f:id:akemiyo:20170421122133j:image

この映画ではホウジロザメのような姿のようなものからハンマーヘッドシャークのような姿のものまで数多くのサメをモデルにした怪物たちがジャック・スパロウたちに襲いかかります。

多種多様な凶悪なサメの怪物たちが登場するのでサメ映画好きにとっては見逃すのは勿体ないように感じます。

 

ウィル・ターナーは何故登場するのか?

ワールドエンド」のラストにて自らの命を繋ぎ止めるためデイビィ・ジョーンズからフライングダッチマンの船長の座を受けついたウィル・ターナー


f:id:akemiyo:20170421123822j:image

 10年に1度しか陸に上がれない彼が何故今作に登場するのかが最大のポイントとなるかと思いますので続報を期待しましょう。

また、息子ヘンリーとの関係も気になるところですね。

 

以上今回はこの辺でノシ

他にも情報をお持ちの方はコメントにて教えてくれると嬉しいでーす。

では、また!!