読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~オタクっていいものですね~

映画、アニメ、海外ドラマなどエンタメにかかることを紹介&考察

映画やアニメがどうやったらいいイメージで語られるかを考える!!

最近、物騒なニュースが続いていますね。

そんな世の中だからこそ僕のような一般人は1日1日を精一杯楽しく生きることを目標にしたいと思っております。

さて、今回は僕らが楽しく生きるためにこそ娯楽が必要であり、そのためにこそ映画やテレビがあるので、僕たちはどうしたらイメージアップにつとめられるだろうかを考えていこうと思います。

 
f:id:akemiyo:20170417025638j:image

ひだまりスケッチより宮ちゃんは何か思いついた様です。

 映画やテレビは生きるエネルギーになるか

 

 生きる上で娯楽は必要だと思うのですがその中でも最も手っ取り早くそして安価に楽しめるのが映画やテレビ、漫画などなんですね。

好きな作品だからとかリフレッシュ効果があるとか、色々理由はあるとは思います。

ただ、1つ言えることはみんな娯楽が大好きで色んな作品を観たいなという気持ちは一緒だということです。

その作品の中から笑いや悲しみ、ワクワクする場面に共感し明日も頑張ろうと思えてくるはずです。

 

何故漫画やアニメはマスコミにやり玉に挙げれるのか

 

漫画やアニメに限らずですが娯楽というものは何か事件が起きたりするとマスコミのやり玉に挙げられやすいです。

人間は娯楽に対して常に新しい刺激を追い求めます。したがって提供者側も新しい刺激を追い求めた結果、ありとあらゆる意味でインパクトの強いものになっていきます。

その結果、見る人によっては危険性すら感じるものが増え、それを求める人の中には危険性の高い人も含まれてしまいます。

そういったこともあり何か大きな事件が起きた場合マスコミとしてはその人間が我々とは異種なる存在なのだとは記事にできませんので(もちろん犯罪者がみんな異常というわけではなく人の心の中を言葉にはできないという意味で)、我々一般人が共感できるかもしれない理由を書くしかないのです。

そのため、犯人がそういった刺激的な内容の娯楽を所持していると、これが原因だと言うのが最も楽であり読者や視聴者を納得させやすいものだと思い記事にするのです。

だからといって危険性の高い娯楽は必ずといって人を狂わせるわけではなく、むしろ危険性の高い人間が手に取ることによって、質の高い娯楽が失われかねないため大変な迷惑を被るのです。

質の高い娯楽は刺激的な内容だということは昨今のテレビや漫画を観てもらえればわかると思いますが、残虐性やエロティシズムの高い作品をつくっていかなければ娯楽は進化を止めてしまいます。

テクノロジーであっても発展させていかなければ文明は退化の一途をたどるだけですので娯楽もまた、ありとあらゆる方面で進化していかなければ衰退の一途をたどってしまうことは間違いないでしょう。

 

どうしたら叩かれなくなるだろうか

 
f:id:akemiyo:20170417030555j:image

ハイスコアガールより大野 晶さんにみなさんの怒りの気持ちを代弁してもらいました。

 

これは難しい問題です。マスコミとしては読者や視聴者が興味をひくネタを拾っていかなければなりません。いってしまえばこれも一種の娯楽と言えるでしょう。

なので、僕たち映画やアニメ、漫画好きはこの記事に対して批判のコメントをいれるのをやめましょう。

ブログなどにも炎上商法というのがあるように批判的な意見を言うことも興味を持ってもらえたという扱いになりますので、とにかくそういった話題に触れることをやめるように心掛けましょう。

また、どうしても触れる際は批判的な意見を書くのではなく、いかにしたら改善されていくかを書いていくと人々はそちらの面に目を向けますのでどうかみんなでイメージアップの方向につとめていきましょう。

 

最後にこれを読んでくれた人には是非ともイメージアップ運動に参加してほしいです。

何か行動を起こす必要はありませんのでイメージアップの記事を書くでもいいですし、こんな作品あんな作品が面白いと色んな人に伝えるでもいいので娯楽に対してネガティブなイメージを持った人がいなくなる世界になるようにみんなで協力していきましょう。


f:id:akemiyo:20170417030844j:image

漫画ハイスコアガールよりガイルさんに僕の気持ちを代弁してもらいました。

 

と、いうわけで何だか最もらしいことを書いてみましたが僕も1視聴者、1読者の立場に過ぎませんので面白い作品を観たり、皆さんに紹介していくことに力を注いで生きていきたいと思います。

他にもこうしていくともっといいイメージをみんなに持ってもらえるよって意見や、こういう考え方は間違っているよって人はたくさんいらっしゃると思いますので、コメントなどもお待ちしております。

いただいたコメントをできる限り参考にさせていただきまして、今後のブログ記事の成長に使わせていただきたいと思いますので色々とご協力よろしくお願いいたします。

それでは今回はこの辺でノシ