読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~オタクっていいものですね~

映画、アニメ、海外ドラマなどエンタメにかかることを紹介&考察しています。

【雑記】レンタルビデオ店の店員が映画に詳しいと思ったら大間違え❗

あなたはレンタルビデオ店で借りたい商品があった時、誰かに聞きますか?

 

面白い作品を観たいのだけど何を借りたらいいかわからないことってありますよね。

 

そんな時、お店の売り場で商品を返している店員さんについ声をかけたくなりますね。

 

でも、その店員さん、本当に映画のことを知っているのでしょうか。

 

映画に詳しい店員は三割ほど

映画が好きでこの仕事をしている店員さんは数多くいますが、実際のところそれと映画に詳しいことは直結しません。

 

なぜかといいますと映画が好きだからたまに借りているよというレベルで店員をしている人がほとんどだからなんです。

 

いや、もちろんレンタル店の本業はお客さんに商品を貸し出すことですので商品知識なんてなくてもいいんです。

 

でもですね、店員をしていると必ず1日に一回はお客さんに商品について聞かれるんですね。

 

そうなると商品の場所なら答えられますが、こんな感じの映画が観たいとか、こんな映画なんだけど知らないかと言われると答えられる店員はほぼ皆無です。

 

そんななかで聞かれる作品を答えられる凄腕の店員とある程度答えられるそこそこ詳しい店員がいる店舗はかなり幸運といえるでしょう。

 

なぜ映画に詳しい店員は増えないのか

映画に詳しい人は増えないんですよね。

 

それは簡単にレンタルビデオ店のお給料態勢と経営方針にあります。

 

とにかくお給料が安い、特にアルバイトの時給はスーパーやコンビニと大差がないため映画に対する増資が深い人間は他の専門的な仕事へつく人が多いのです。

 

そのためそういったお店ではアルバイトには映画に対する知識は求められないのです。

 

それとレンタルビデオ店の経営の本願は商品をたくさん借りてもらうことなのでどんな作品かなどはどうでもいいのです。

 

まとめ

映画に詳しい店員さんは本当に少ないのでその人たちにはボーナス支給をしてあげてほしいですね。

 

今日はあんまりうまく、書けなかったですがまだまだ色々な話を更新していきますのでよろしくお願いします。