~オタクっていいですね~

映画、アニメ、海外ドラマなどエンタメにかかることを紹介&考察しています。

「シン・ゴジラ」遂に発売!その前に観ておくとより面白くなる作品

どーもヨウスケです。

この夏、何度も映画館に足を運んだ映画「シン・ゴジラ」がいよいよ今週発売な訳だけどその前に一緒に観ておくともっと面白くなる作品を紹介しますぜ。

 

ゴジラ」昭和29年版

 ご存知、初代ゴジラ映画にして世界にその恐ろしさを見せつけた傑作。

最初は自分としては白黒で古い映画はどうせくだらないんだろうなぁって気持ちで斜めに構えて観てたんですよ。

そしたら意外や意外!これが面白い。大昔映画のくせに(平成世代基準)ちょー面白い。

ゴジラの登場シーンは本当に怖いし、町の破壊描写にも違和感まったくなし。

本当、東宝さんスンマセン、円谷さんスンマセンって謝りたくなる一本。

こんなん観たら怪獣映画つくる大人にならない方がおかしいよねって思いますわ。

平成ガメラ

 「デスノート」の実写版を撮ってた金子監督の最高傑作。

怪獣映画を子供の映画と思って観てた人にはガツンときただろうなぁと思うんですよ。

自分も子供の頃、何回もこのシリーズ観ましたけど大人になって見直すと全然子供向けじゃない深いテーマがあるんだと実感。

自衛隊との攻防もリアルでミリタリ描写だけでいえば「シン・ゴジラ」越えてますよ。

後、若手の頃の仲間由紀恵大泉洋上川隆也などがチョイ役で出てるのも面白いポイント。特に「ガメラ3」で⚫⚫⚫になっちゃう仲間由紀恵は衝撃的!

 

平成ガメラ Blu-ray BOX

平成ガメラ Blu-ray BOX

 
ガメラ2 レギオン襲来 [Blu-ray]

ガメラ2 レギオン襲来 [Blu-ray]

 

 「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

エヴァンゲリヲン新劇場版」は勿論「序」からみてもらいたいんだけど今回推したいのは同時収録の短編「巨神兵東京にあらわる」だ。

巨神兵って言ったら「風の谷のナウシカ」に出てくるんだけど「シン・ゴジラ」にもこの巨神兵、ちょっと関わってくるんだ。どこで出てくるかはネタバレになるから言えないんだけど「シン・ゴジラ」の監督は「エヴァンゲリヲン」の監督でもあるから遊び心なのかもね。

でも、この短編クオリティとしてはすごいしこれがあったから「シン・ゴジラ」もつくれたんだなぁと実感する1作には違いないと思う。

 

 「太陽の蓋」

この作品はいわば実録ドキュメンタリーで東日本大震災直後の政府の対応を中心に福島第一原子力発電所事故での一連のやり取りを映画化。

この映画、良くも悪くも実録モノなので過度なエンターテイメント性もないしどんでん返しもない。ただ、原発タブーというジャンルに踏み込んでいる点において素直にすごいと思うし、あの日自分たちの知らないところで何が行われていたのかがわかるところは観ごたえ十分だと思うんだ。

シン・ゴジラ」で登場するゴジラもこの大震災や原発事故をモチーフにしてる点が物語としてリアリティを生んでるし素直に怖いと感じるようにつくられている。

シン・ゴジラ」も「君の名は。」もこの出来事がなければつくられていないと考えると日本を大きく変えたことだったんだと感じる。

 

太陽の蓋 [DVD]

太陽の蓋 [DVD]

 

 

以上が個人的にオススメする「シン・ゴジラ」と一緒に観てほしい作品です。

シン・ゴジラ」も大傑作だから絶対みんなにみてほしいですわ。

 

 コメントとかいただけると更新の励みになるので一言でも残していってもらえるとありがたいです。

それではノシ!