読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~オタクっていいものですね~

映画、アニメ、海外ドラマなどエンタメにかかることを紹介&考察

映画「アトミックブロンド」予告編からシャーリーズ姉さんの凄まじいアクションが御披露目!

あの、フェリオサ様(マッドマックス怒りのデスロード)がまた、やってくれた!

荒廃した世界で自由を求め不屈の闘志をみせつけたシャーリーズ・セロン主演最新作、冷戦末期を舞台にしたアクション映画「アトミックブロンド」で壮絶なアクションとドSっぷりを見せつけてくれています。


f:id:akemiyo:20170426055613j:image

予告編はこちら

 

 

映画「アトミックブロンド」はイギリスの大人気グラフィックノベルザ・コールデスシティ」を原作としたスパイアクションものでMI6(イギリス諜報局)の女諜報員ロレイン・ブロートンがベルリンにて殺された恋人の諜報員の、死の謎を追う物語ですが、とにかくアクションが凄いの一言。

襲いかかってくる敵を次々にガンフーにて倒して行き、履いていたハイヒールをも武器に使う姿には恐れ入る。極めつけはロープを使ったアクションなのだがこれがまたワンダーウーマンさながらの黄色のロープを敵の首に巻き付けてのバンジージャンプダニー・トレホ(マチェーテ)も真っ青である。


f:id:akemiyo:20170426055719j:image

 

そんな凄まじい映画の監督をつとめるデビット・リーチはキアヌが愛犬殺しの復讐にマフィアを壊滅させた「ジョン・ウィック」の共同監督として…というよりはみんな大好きデップーの最新作、「デッドプール2」の監督として期待されている人で、最強の主人公が敵を次々に殺戮していく、とんでも殺人マシーン製造機として知られています。

そんなリーチさんは映画監督としては異色の経歴の持ち主で自分自身がかつてスタントマンやスタントコーディネーターをやってきた筋金入りのアクション界の御仁。

そんな監督の作品ということもあってやはり俳優たちに求められるアクションスキルもかなりハードルが高いといっていいでしょう。

現にシャーリーズ・セロンはこの映画の撮影中に歯を2本折ってしまったという情報もはいってきています。

俳優陣の苦労のかいもあってか、公開された予告編をみただけでもその壮絶なアクションがさえわたっているので凄まじい映画にすなることは間違いないでしょう。

 

また、脇を固める俳優陣もコユーイ面子が揃っています。

主人公ブロートンがベルリンで出会う現地の駐在諜報員役には若きプロフェッサーXことジェームズ・マカヴォイ

多重人格なんてやってのける彼にはこの程度の役は朝飯前だろうが今回はアクションメイン!同じコミック原作の「ウォンテッド」さながらの戦いを繰り広げることを期待したいですね。

そしてブロートンのレズ恋人?役を脚が剣になってたり(キングスマン)ミイラ女になったり(MUMMY)と何かと個性的な役が多いダンサー上がりの女優、ソフィア・ブテラが演じているので、彼女のアクションも期待できるかもですね。

また、その他にも髑髏島へもいっていたジョン・グッドマンや同時代のイギリスを舞台とした映画「裏切りのサーカス」でもスパイ機関の幹部を演じていたトビー・ジョーンズなどが脇を固めているのでスパイスリラーとしても味わい深い作品にしてくれるでしょう。

 

 

マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>エディション Blu-ray(初回限定生産/2枚組)

フェリオサ様の勇姿を観るのは白黒もオススメ!

 

マチェーテ [Blu-ray] 

マチェーテ・キルズ [Blu-ray]

 ダニー・トレホさん主演のハチャメチャアクション!

 

ジョン・ウィック [Blu-ray]

復讐がすべて!目には目を、犬殺しには組織の壊滅が妥当じゃー!!

 

 

 

 

細谷佳正さん出演のアニメ、ベスト10

声優の 細谷佳正さんが喉の治療のため、お仕事を休業されることを発表されました。

声優の方にはつきものの喉の病気は職業病のようなものなので、どうしても働きすぎるとでてしまうものなんですね。

細谷さんは本当にいいお芝居をされる方なので視聴者側としては早く戻ってきてほしいですが、まずは体が第一ですのでしっかりと回復されるのをお待ちしております。

では、今回は細谷さんご出演のアニメ作品から男性ファンである僕が個人的に好きな作品をベスト10形式で紹介します。

 

⑩一週間フレンズ

一週間フレンズ。 Blu-ray BOX

一週間ごとに記憶が消えてしう女の子との恋愛を描いたラブストーリーアニメです。

オーソドックスなつくりながら感動とドキドキが合わさったいい作品です。

今、人気声優になった雨宮天ちゃんもこれが出世作になったぐらい役者さんの技量が試された作品だったようです。

細谷さんが演じられていた主人公の親友も作品にいい味を出してました。

 

妖狐×僕SS(イヌボクシークレットサービス)

妖狐×僕SS コンプリート DVD-BOX (全13話) アニメ [DVD] [Import] [PAL]

妖怪の先祖帰りであるキャラクターたちが住むマンションを舞台にしたラブありコメディありのイケメン&美少女を堪能できるアニメです。

細谷さんは一旦木綿の先祖帰りのくせにムダにイケメンなお兄ちゃんを演じてました。

細谷さんと日笠陽子さんの演じられてたキャラ2人のデュエットキャラソンは一聴の価値ありです。

 

3月のライオン

3月のライオン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

将棋界を舞台とした青春もの…というかすっごい深い人間ドラマですね。「ハチミツとクローバー」の羽海野チカ先生原作と言ってピンとくる人もいるでしょう。

細谷さんはヒロイン、川本ひなたの想い人である高橋勇介を演じておられます。

 

進撃の巨人

TVアニメ「進撃の巨人」Season1 Blu-ray BOX

巨人と戦う人類を描いた誰もが知る超大作ですね。

結婚しよ、で有名なライナーさんを演じてられたのが細谷さんなんですよね。

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 【特装限定版】 全9巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]

マリー岡田先生が脚本を手掛けたガンダムシリーズ最新作。

ガンダムシリーズらしい人間ドラマをマリー先生味に仕上げた傑作です。

細谷さんはこの作品で主人公の相棒である頭のきれるオルガというキャラクターを演じておられます。

 

心が叫びたがってるんだ。

心が叫びたがってるんだ。(完全生産限定版) [Blu-ray]

ある出来事から心が傷ついた少女を主人公とした恋愛青春アニメ。

マリー先生お得意の青春期の心理描写を丹念に描いた映画アニメになっています。

細谷さんの演じる野球野郎はちょっといい奴すぎるんじゃないのと思いましたが、あの声で言われるとこんな奴もいるよなと思わされてしまうくらいいい演技をされています。

 

ハイキュー!!

ハイキュー!!セカンドシーズン Vol.1 (初回生産限定版)(イベントチケット販売抽選申込券付き) [Blu-ray]

烏丸高校男子バレーボールの奮闘を描いたスポーツ青春アニメです。

細谷さんは烏丸高校のエースの東峰 旭を演じられています。

ちょっと厳つい感じの見た目でありながら意外と内面は繊細なキャラなので細谷さんの声が生きてくるキャラクターでした。

このアニメの中で細谷さんの普段の落ち着いた役柄よりもかなり声を出すキャラクターだったのでこの役で声を酷使されてしまったのかもしれません。

 

 

この世界の片隅に

f:id:akemiyo:20170424210521j:image

2016年を代表とするアニメであり邦画でもあります。実はここにも細谷さんは出演されておりまして、すずさんの旦那さんを演じられていらっしゃったんです。

細谷さんは人気に日がつくまでは外画の吹き替えなども多くこなしてこられていたので、こういうリアルな作品に違和感なく溶け込めるんだろうなぁと勝手に想像しておりました。

 

屍者の帝国

屍者の帝国 (完全生産限定版) [Blu-ray]

人気SF小説を劇場版アニメにした作品で死者の再生をテーマにした非常に難しく複雑な作品ですが主人公を細谷さんが熱演されていてとても感情移入ができました。主人公、ジョン・ワトソンの、時に静かに時に情熱的にそれぞれのシーンで複雑に描かれるキャラクターの心理状態を声だけで見事に演じられております。

 

刀語

刀語 Blu-ray Disc Box(完全生産限定版)

第1位は僕が始めて細谷さんの声をお聞きした作品でもある西尾維新原作の時代小説「刀語」です。

西尾節炸裂の独特な時代劇で一筋縄ではいかないストーリーですが1話1時間の全12話で描かれる壮大なストーリーは嵌まること間違いなし!

細谷さんはこの中で主人公、鑢七花を演じており、感情のどこか欠けたキャラクターという非常に難しい役柄をまだあまり知名度の高くない頃に見事に演じられておられました。

 

以上が僕個人が選ぶベスト10でした。

その他にもテニプリあんさんぶるスターズなど人気の作品もあると思いますが今回は個人的な趣向ということでご配慮いただければと。

細谷さんの復帰は年内と言われていますのでそう長くないお別れだと思いますが少しでも早い復帰を願うばかりです。

それでは今回はこの辺でノシ

 

ガールボス【Netflix 】感想


f:id:akemiyo:20170422223823j:image

これは実話を…

緩く描いた物語である

 

出演

ブリット・ロバートソン

エリー・リード

ジョニー・シモンズ

 

原作・製作

ケイ・キャノン

 

予告編

 

 

あらすじ

学歴もお金もない、型破りな女の子がネットビジネスを立ち上げて大成功。経営者としての道を歩き始めるが…。ベストセラーとなった回想録を基にしたコメディ。

(Netflix より)

 シーズン1全13話

 

オススメしたい度

☆☆☆☆  (五段階中)

 
f:id:akemiyo:20170424090154j:image

僕の個人的印象を乃莉ちゃんとなずなちゃんに表現してもらいました(ひだまりスケッチより)

 

感想

ビリギャルよりもヤバいギャルっていう触れ込みで書かれてた作品ですけどまぁヤバいヤバいって言っても"上坂すみれ"ほどじゃないだろうと鷹を括って観てみたんですね。(詳しくは「上坂すみれのヤバい⚪⚪」を参照)

そしたらなんかこの女マジでヤバい❗(失礼)

簡単にストーリーをまとめると23才のお姉ちゃんがサンフランシスコに住んでいるところから始まるんですがこのお姉ちゃん、バイトにいっても全然やる気はないし、おまけに注意してきた上司をディスって仕事を首にさせられるしで社会適用力皆無なんですよ。

その癖ヤル気だけは満々でバーで出会った兄ちゃんとはすぐベットインって感じで全然ダメな人。

でも、夢だけは持ってて私は絶対成功してやるんだっ会社に縛られる大人にはならないぞーって宣言しているんです。

そしたら、ある日お姉ちゃん=ソフィアが立ち寄った古着屋さんで結構コンディションのいい洋服が安値で売られてて、それを見つけたソフィアがあーこの店の奴わかってないなと思って安く買った洋服をオークションサイトに出品しちゃうんです。

宣伝の仕方もよかったのか、かなりの額で買い取られたのでこれはいけるぞと思い、あちこちのお店から埋もれている高級品を見付けてそれを売る商売を始めたらこれが大成功していくってお話しでした。

ソフィアさんっていかにもなギャルって感じで全然やり手な感じはしないんですけど発想力は凄いな~と思いました。(小並感)

このドラマは実録ものとしてつくられてはいるんですがどっちかというとコメディよりで結構ゆるーく展開していくんですね。

ソフィアさんは生活の不摂生さにも祟られたのか変な病気になったり万引きして警察につきだされたりと壮絶な人生をおくっているんですけど何だかギャグっぽく展開していくもんだからこちらとしてはあんまり緊張感なしで楽しんで観られましたね。

主演をされているブリット・ロバートソンさんは昔「トゥモローランド」で主演していた女の子みたいなんですけど全然見えなかったな。


f:id:akemiyo:20170424082416j:image

    この子が…  

      ⬇


f:id:akemiyo:20170424082426j:image

こんなお姉ちゃんに!

 

後、ソフィアのお父さんが「ブレイキング・バッド」とか「アンダー・ザ・ドーム」で厳つい存在感出してたディーン・ノリスさんなんですけど今回はすごくいいお父さん役でした。

13話あるんですけど1話が30分しかないし笑えるところが全編通してほとんどなんで気をいれなくても直ぐ観られましたね。

今シーズンはソフィアが会社を立ち上げてある程度成功するところまでだったのでこれから大企業と渡り合うところとかも映像化するのかなぁと思います。

話としてはファション関連の女の子の話ですけどこれから起業したいなと考えている人とか楽しいサクセスストーリーが観たいなって男性でも楽しめるとは思いますので偏見で見ず嫌いになるのはもったいない作品だと思います。

ということで女子向けのように見せかけて結構万人受けする内容の「ガールボス」はNetflix にて配信中です。https://www.netflix.com/browse

夢を語りたい人は絶対観ておくことをオススメします。

でも、人前で根拠もない夢を語っているとバス停に座っている婆さんにこれだからゆとりは…と思われて強烈なビンタをくらうかもなので気をつけてくださいね。

では、今回はこの辺でノシ

 

#GIRLBOSS(ガールボス) 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話

#GIRLBOSS(ガールボス) 万引きやゴミあさりをしていたギャルがたった8年で100億円企業を作り上げた話

 

 原作もありドラマはこの本のエピソードを要所要所にいれてつくられています。

 

 女性のサクセスストーリーものといったらこちらもオススメ🎵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読者の皆さんへ、このブログの近況と今後の予定について

ここ2、3週間ほどブログを毎日更新するようにしてきたんですけど何を書こうか結構迷ってます。

と言うのも、ネタがないというというよりはどんな話にしようかなと思ってしまって結局まとまりのない自分の好きなエンタメ関連の話を書き連ねてしまっています。

こんなブログですが先週あたりから最新の予告編ネタとかをいれたことも影響したのか、読者の方が結構増えてきてホントにありがたい限りです。

ブログってトレンド意識したりしないといけないのかなぁと思ってたんですけど、時事ネタに突っ込む記事も書けそうにないし映画、アニメネタぐらいしかそもそも興味がないのでこれからもエンタメ系のネタだけで面白い記事を作成していければなぁと思います。

というわけで今日はここ最近の近況を…と言っても僕の個人的な近況なんてどうでもいいと思いますのでエンタメに関連することで興味がわいたこと、これから書こうかなと思っていることなどを挙げていきますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

映画のこと

最近はあんまり映画館へ足を運べない今日この頃ですが観たい映画はも~うたっくさんあってキングコングとかキングコングとかキングコングとか後、美女と野獣とか観にいきたいなと思っています。あ、イップマン師匠も観たいんですけど東京行かないとやってないのかなぁ。

自宅のほうでは最近リリースされた「ファンタスティックビースト」とか「ジャック・リーチャーNEVER  GO BACK 」を観たので公開の時期でなく発売の時期に感想もなぁって気はしますけど感想レビューなんかも書こうかなと考えています。

ジャック・リーチャーの時のトム・クルーズは凄いロマンスグレーな雰囲気を醸し出しててミッションインポッシブルと同じ人には全然見えないなぁと思いながら楽しく鑑賞してました。

トム・クルーズと言えば映画「MUMMY 」も公開が迫ってきていますが、ミイラ軍団と戦うトムってだけで興奮度MAXですよね。


f:id:akemiyo:20170422203832j:image

こちらの映画も色々と観る前に書きたいことがあるので記事にしていきたいなぁと思っています。

ドラマのこと

日本のドラマも観たいんですが海外ドラマを観ていると知らないうちに始まってしまいもういいやってなるんですよね。(というか観るヒマがなくなる)

巷では「CRISIS」が話題のようですがこれも全然観れていない始末ですわ。

個人的には小栗旬西島秀俊の組合せは結構ありやなと思うんでいずれ観るかもしれません。でも、金城さんの世界観では日本ってとんだ危険地帯やなと毎度思わされますわ。(SPとか岡田くんの)

海外ドラマはNetflixに加入しているということもあり、 結構観まくっていますのでまとめ記事なんかも作りたいなぁと思ってます。

今週は原作も大好きだった「ガールボス」のドラマが配信開始されましたので、そちらのオススメレビューなんかも挙げていくつもりでいます。


f:id:akemiyo:20170422205825j:image

( https://www.netflix.com/browse )

主役のソフィアを演じているのが「トゥモローランド」の主役だった女の子役の人みたいだけど全然そう見えない。あの時の女の子結構可愛かったなぁって印象に残っていたので楽しみですわ。(「トゥモローランド」は個人的には全然ダメでしたが)

 アニメのこと

今期のアニメも結構面白い作品がたくさんありますので観るのが大変です。

僕個人としては今期イチオシの作品はなんと言っても完全オリジナルのアニメである「Re:CREATORS」ですかね。

こういう完全オリジナルってネタバレとか気にしなくていいので展開を色々と考えられる余地があってリアルタイムで楽しめるんですよね。

トーリーつくっているのが「BLACK LAGOON 」の広江先生だからきっと殺伐とした話なんだろうなぁと思ってたんですけど案外きれい目なファンタジーになってたので意外でしたが(今のところは)すでにメタ的な設定なんかも盛り込まれ斬新な造りになっているなぁというのが印象です。

これも何か書こうかなと思うんですが感想レビューなんかは今、あにぶというサイトのほうでコラムとして暁美ヨウ名義で書かせていただいているので、もしよかったら覗いていってくださいな。

(  http://anibu.jp  )

 

というわけでこれからもこんなエンタメな内容なブログですがお暇な時にでも読んでいってくださると僕のテンションランゲージが上がっていきますのでどうぞ、これからもよろしくお願いします。

では、今回はこの辺でノシ

あ、土曜の深夜1時から放送している「上坂すみれのヤバい〇〇」がすっごく面白いのでTOKYO MXBS11が映る人はチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンタッキーは本気だ…小倉唯ちゃんとのコラボがヤバい‼

ケンタッキーさん、あんたやってくれたぜ…

始まってしまった謎企画「ケンタッキーもしも劇場「もしも小倉唯が…」」の小倉唯ちゃんがとにかく可愛い❗

今回の番組では唯ちゃんが彼女、家庭教師、妹、同級生、秘書とあらゆるシチュエーションで僕らを萌えに落としこんでみせようとするケンタッキーの燃え盛る情熱でつくられているといっても過言ではないでしょう。


f:id:akemiyo:20170421203803j:image

インターネットテレビ局「AbemaTV」内のアニメ24チャンネルでの配信をきっかけにYouTubeなどでも配信されている小倉唯ちゃんの可愛いさを堪能するだけの番組なのだ。

ケンタッキーもしも劇場|KFC

小倉唯ちゃんは可愛い!ただ彼女の凄さは可愛いさだけではないと思うんですよね。

本業は声優である唯ちゃんだけど声優としての実力は正直そんなに高い方だとは思わないんですよ。

でも、彼女には独特の声質があると思うんです。舌足らずというか幼女ボイスというかまぁ、とにかく可愛い声を出すんですよ。

それも何と表現したらいいか、言ってしまえば嫌みのないアイドル声。

声優もアイドル化している時代ですけど彼女の場合に限ってはそのアイドル性にまったくの無理がないんです。

多分、他のアイドルの子にもないくらいのアイドルっぽさが彼女にはつまっているのではないだろうかと思うんですよ。

その上に彼女はダンスもかなり旨い。それこそ、唯ちゃんが13才の頃から初音ミクのダンス骨組みとしてやってきたキレッキレの動きがPVとかライブにいかされているんですよね。


f:id:akemiyo:20170421203855j:image

そんな、唯ちゃんはこれからどういうポジションになっていくのでしょうか。

個人的にはゆかりん(田村ゆかり)のようなトップスターのポジションを確立してほしいなと思っているんですけど、そうするともう少し声優としての代表作になる作品を見つけてほしいと思っています。

じゃあどういった実績を積めば声優界のトップスターになれるのかというとそれはわからないし僕らも何を今の声優に求めているかはわからないんですよ。

今の声優の仕事といえばそれこそ歌、アフレコ、イベントの顔出しにラジオまで多岐にわたるわけですけど、それの一種の頂点に位置付けられる存在はゆかりん(田村ゆかり)なんじゃないかなと思っているんです。

あの林原めぐみさんが女性声優という種類の職業を地味な表舞台に立たないポジションから引き上げてしまい、声優という仕事をガラッと変えてしまってから声優というジャンルの仕事はとてもハードルが上がってしまったと思います。もちろん、それ以前も演技をする面においては大変な職業であったことには変わりありませんが…

その形を田村ゆかりという存在がアニメ界において最もベストな状態で引き継ぎそれを次世代に託していかなければいけない状態になっているのです。

そういう、オールマイティーなマルチタレント性があることで声優という仕事は確立されていくので非常に多才な能力を求められてしまう時代になってしまったのだと思います。

まぁ、可愛くて、面白くて、歌と躍りが上手くて声優としての演技力があるなんて無理ゲーもいいところな訳でその中でどれだけ極められるかが今後の声優の世界なのかなぁって気がしております。

 

というわけでそんな、感じで小倉唯ちゃん可愛いよっという駄文を書き連ねてしまいました。

それではノシ

 

 

 

 

 

 

 

パイレーツオブカリビアン 最後の海賊から気になる点をチェックしてみた!


f:id:akemiyo:20170421110724j:image

話題のシリーズ最新作「パイレーツオブカリビアン 最後の海賊」の最新予告編が解禁となり今回は前作のキャラクター、ウィル・ターナーや、エリザベス・スワンの登場などもあり今までのシリーズの集大成ともとれる映画であるともとれる映像の数々でした。

今回はその中で個人的に気になったところについてまとめてみました。

 

前作のオマージュシーン

 

 予告編にて登場するシーンの数々には前作のオマージュシーンと呼べるものがたくさんあります。

いくつか気がついた点をあげていきます。

 

幽霊船の船長サラザール


f:id:akemiyo:20170421111355j:image

今作の悪役として登場するハビエル・バルデム演じるキャプテン・サラザールは海の死神として恐れられる元スペイン海軍の船長ですが、このクリーチャーと化した船長と言えばシリーズ2作目「デッドマンズチェスト」と3作目「ワールドエンド」にて登場した幽霊海賊船フライングダッチマンの船長デイビィ・ジョーンズを彷彿とさせます。

ただし、前作登場のデイビィ・ジョーンズは海の女神との大失恋の果てに恐るべき怪物に姿を変えられてしまいますが、今作のキャプテン・サラザールはかつて若きジャック・スパロウに嵌められた末に命を落とし何らかの方法で怪物へと姿を変えているようですので、ジャック・スパロウにとっての脅威レベルは今作のほうが高いと言えるでしょう。

 

牢屋にて対面するジャックとヘンリー

 

ジャックはまたもやイギリス海軍に捕らえられている様子。

第一作でもヘンリー父親であるウィル・ターナーがさらわれたエリザベスを追う手がかりを求めて牢屋に入っていたジャック・スパロウと対面しています。

今作ではヘンリーは死神サラザールとの何らかの取引のためにジャック・スパロウを連れてくるよう言われています。これは彼の父、ウィルが10年に1度しか陸に上がることができない状態になっていることと関係があるのではないかと思われます。

 

ボトルに入れられたブラックパール号

今作でもジャック・スパロウブラックパール号を失ってしまっているようです。

前作「生命の泉」での悪役、黒ひげの呪いによってボトルシップになってしまいましたがこれは前作のラストにて黒ひげから取り返していたはずです。ただ、今回の予告編では再びボトルシップに戻ってしまっているようです。いったい誰に船を奪われてしまったのでしょうか?

 

 

作品について気になるところ

 

ポセイドンの槍とは

 

ギリシャ神話に登場する海の神、ポセイドンが持つとされる三ツ又の槍のことをさします。ポセイドンの槍は水を操る能力を持っており嵐や洪水、津波などの海を荒らす強い力を持つとされているのです。

今作のポセイドンの槍はどのような姿をしているのかはまだ、わかりませんがキャプテン・サラザールを倒すカギとなるようですので強大な力を持っていることは間違いないでしょう。

 

サメ映画としても期待できる!?

 前作のデイビィ・ジョーンズの使役していた怪物、クラーケンのオマージュともとれる怪物が本作にも登場するようです。

おそらくキャプテン・サラザールの解き放つ怪物として半分骨となったサメたちが登場します。


f:id:akemiyo:20170421122133j:image

この映画ではホウジロザメのような姿のようなものからハンマーヘッドシャークのような姿のものまで数多くのサメをモデルにした怪物たちがジャック・スパロウたちに襲いかかります。

多種多様な凶悪なサメの怪物たちが登場するのでサメ映画好きにとっては見逃すのは勿体ないように感じます。

 

ウィル・ターナーは何故登場するのか?

ワールドエンド」のラストにて自らの命を繋ぎ止めるためデイビィ・ジョーンズからフライングダッチマンの船長の座を受けついたウィル・ターナー


f:id:akemiyo:20170421123822j:image

 10年に1度しか陸に上がれない彼が何故今作に登場するのかが最大のポイントとなるかと思いますので続報を期待しましょう。

また、息子ヘンリーとの関係も気になるところですね。

 

以上今回はこの辺でノシ

他にも情報をお持ちの方はコメントにて教えてくれると嬉しいでーす。

では、また!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」と「けものフレンズ」でのアライグマの全く違うイメージを語る


f:id:akemiyo:20170419061115j:image

古くはアニメ「アライグマのラスカル」のラスカルが人気を集め、日本人には愛嬌のあるキャラクターとして認知されているアライグマ。

そんな、動物アライグマですが、ここ最近またもやブレイクしそうな予感がしているのです。

人気アメコミ映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」にはロケットラクーンという口の悪いアライグマが登場し、人気アニメ「けものフレンズ」にはアライグマのフレンズのアライさんが登場します。

それぞれの作品とキャラクター性は全く違うのですがアライグマとしての特徴を全く違う側面からえがいている点では、とても面白く感じてしまいました。

では、何故このキャラクターたちは同じ動物をモチーフにしているのにこんなにも 違うキャラクターとなってしまったのでしょうか。

 

アメコミ映画の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」において、ロケットというキャラクターはこの映画では主要メンバーの1人として登場します。


f:id:akemiyo:20170419061016j:image

この作品の主要メンバーたちは他のアメコミ映画の主役たちとは少し異なり、完全な善人というわけではなく、一人一人がそれぞれ何かしらかのすねに傷を持つ身のキャラクターたちです。

映画にてロケットは賞金稼ぎとして登場します。高い知能を持った、二足歩行をするアライグマですが短気で粗暴な性格で可愛らしいイメージはどこにもありません。

 

 それと比べて日本では「けものフレンズ」というアニメに登場するアライグマのフレンズのアライさんにはあまり悪いイメージがついていません。


f:id:akemiyo:20170419061034j:image

アライさんはどちらかといえば人に好かれる性格をしていて、少し自信過剰なところはありますが素直な性格や人懐っこい性格からどうにも憎みきれないキャラクターとしてえがかれています。

 

このキャラクターの違いは作品の種類という面もありますが、おそらく日米のアライグマに持つイメージの違いからきているのだと思われます。

アメリカではラクーン、つまりアライグマは人々の暮らす街に住んでいることが多く民家へ入ってきては 食べ物を漁ったりと悪さを働くこともしばしば。そんなこともあり人間にとっては害獣のような扱いを受けてしまうことも多く、悪者や無法者のイメージがついてしまうこともあるようなのです。

それに対して日本ではラスカルのイメージもありましたし、動物園で見るあの、可愛らしい小柄なタヌキさんのようなイメージがついています。

そういった違いから2つの作品のキャラクターは全く違うイメージのキャラクターとして登場することになったのではないかと思われます。

 

というわけでアライグマの日米の持つイメージからくる作品キャラクターに対するイメージの違いを書いてみました。

今回紹介した作品はどちらもとても面白く完成度の高い作品です。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は2作目の公開も控えており、スターウォーズのような壮大な世界観の中で、荒くれものたちが自分たちなりの道理と正義のために戦う宇宙版“荒野の七人”のような傑作となっております。

けものフレンズ」も昨今のブームをみればおわかりだとは思いますが、とても面白いアニメで可愛いキャラクターたちと、奥深い世界観、そして人と人とのふれあい方を考えさせられる、とてもよくできた作品だと自信をもってオススメできます。

 

けものフレンズ」についてはまた、後日にでも深く語りたいと思いますので、もしこのブログをこれからも読まれる方がいらっしゃいましたら楽しみにしていてください。

 

それでは今回はこの辺でノシ


f:id:akemiyo:20170419062015j:image

アライグマと戯れる「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の監督、ジェームズ・ガン氏の写真をのせておきますね。では!